痩せるスクワット、痩せないスクワットって何が違うの?

いつもSHAPESブログにご訪問いただきありがとうございます!

いよいよ夏!

あっと言う間に薄着の季節になりましたね!

でも、

なるべく時間には限りがある

忙しい女性には

効率的に痩せてもらいたいと思っています!

さてさて、

本題の痩せるスクワットと痩せないスクワットの

大きな違いは

〝身体全体的に効いているか?否か?〝です!

つまり、

痩せるスクワットが出来ていれば、

10回で身体全体がきつい💦と言うこと!

そして、足だけが痛いという事もありません。

正確にスクワットするのは、

実はかなり難しいですし、

間違って行うと

逆に脚が太くなりますし、

あなたの使いやすい筋肉を使うので

目覚めてほしい筋肉は眠ったまま💦

本気でダイエットしようと思っている方で

効率を求めるなら、

パーソナルジムで見てもらった方が良いです!

女性に特化していて

女性トレーナーで

更にそのトレーナー自身の体型を見て決めてください!

間違っても、

『糖質制限』

『カロリーオフダイエット』

『ランニングダイエット』

『置き換えダイエット』

一時的に体重は減りますが、

必ずリバウンドしちゃいますよ!

なぜなら、

身体の中の筋肉も一緒に減ってしまうから!

筋肉量が減ると、

基礎代謝が下がります

1kgの筋肉が落ちると

1日50kcal消費カロリーが減るので、

活動代謝と合わせて、

約1日あたり100kcal

1年間で、36500kcalが消費できなくなってしまう

過度な糖質制限は、

身体に必要な糖質が摂れなくなると、

身体は、自分の筋肉を分解して

糖質に変えてしまうので、筋肉量が落ちます。

ランニングも、

消費カロリーは多いですが、

お腹もすきます。

筋肉量はランニングでは、増えないので、

継続的にできないと、すぐリバウンドします!

筋肉量を増やして、

効率的にダイエットするなら、

筋肉トレーニングです!

しかし、スポーツ筋トレと

ボディメイクの筋トレは、全く違います!

ウエイトの持ち方

力の入れ方

スピード

関節角度

重さ

頻度

使いたい筋肉、使わない筋肉

SHAPESの筋トレは

骨盤を本来あるべき場所へ戻し

それを支える筋肉をバランス良く

引き締まった代謝の高い身体にしていきます!

キレイな姿勢を保つ筋肉をつけることで

身体の機能も正常にはたらくように

身体の中からキレイに元気になっていきます!

ダイエット=体重ではありません!

無理なダイエット、流行りのダイエット、

身体に弊害が出るダイエット、

正しい知識

科学的根拠のあるのダイエットを

しませんか?

ご自分を大切にできるダイエットをしましょう!

あなたの姿勢は、代謝の高い姿勢になっていますか?

何かを制限しているダイエットは

いつまで続けていきますか?

スタイルが変わると、気持ちも変わります!

立ち姿が変わると、『痩せた?スタイルいいね!』っと

言われたりもします!

究極のアンチエイジングです!

いくつになっても、

筋肉は成長します!

年齢は関係ありません!

お気軽にカウンセリングにお越しくださいね!

あなたの痩せられない原因を

解決しませんか?

Source: shizuoka

シェイプス(Shapes)公式ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェイプス(Shapes)公式ブログ